日記

日記(2010年7月)

2010/07/24(土)
「二つの独立したものを上手く組み合わせること」

この前の日曜日。

午前中は青梅市フットサルリーグ。
半端じゃない暑さの中、みんなよく集まるねー。
相当にフットサルが好きじゃないとできません!

午後は、友人にお誘いいただきまして
ボイストレーニングの発表会に行きました。
発表曲のジャンルは様々で
ヨーデルがあったり、ジャズがあったり、
みんな好きなジャンルを思いのままに歌っていました。

フットサルにしろ、音楽発表会にしろ
ジャンルこそ違え、この2つに共通するのは、
みんないい顔しているということ。
本当に好きなことをしていますからね。

音楽発表会が終わった後、
その中の一人に
「午前中はフットサルをしてきたんですよ〜」
と話を振ると
「息子が福生でサッカーやってます。青梅だと青梅FCが有名よね」
と返ってきました。

そこでフト思ったのが(というか前から思ってますが)
地元のフットサルorサッカーと音楽を結び付けられないかな〜と
いうこと。

好きなことをやっている異ジャンル同士を合わせると
新たな交流が生まれて、
新しい発想とか、新しい動きが出てきますからね。

「サッカーの試合の合間に、音楽の演奏!」
なんてまさにWIN&WINの関係になるし、
お互いに活気が出てきそうです。

話は飛びますが、先ほどNHKの番組、
クラシックミステリー名探偵アマデウスで
「バッハのG戦場のアリア」の解説をしていました。

この曲は、対位法。
独立した異なる旋律を組み合わせる作曲技法
を使っています。
二つの全く異なるメロディを組み合わせることで
G戦場のアリアという名曲を作り上げています。

「二つの独立したものを上手く組み合わせること」が
二つから二つ以上のものを生み出す
この世の法則なのかもしれませんね。

参考資料:バッハのG戦場のアリア
http://www.youtube.com/watch?v=Ha-IJi1UVGo



2010/07/23(金)
ホームスタジアムが欲しい!

今年の休日は、
会議やイベントの取り仕切りで
なかなか自分の時間がない!

青梅FCの試合を見に行きたいのですが
ホームの試合といっても、
大井町とか上智大学グラウンドだったりと
試合会場に行くまでに
かなりの時間を費やさざるをえないため
なかなか都合がつかない!

青梅でホームゲームをしてくれっ。
青梅でホームゲームを観たい!

こうなったら
青梅に作るしかないでしょ!

ということで、今、会議で打ち合わせている団体
(自治会とか市民活動推進課とか福祉団体とか建設業界とか政治とか)を
結び付けていって大きな流れを作り

「青梅にスタジアムを建設するっ!」

と、心に秘めて活動しています。

そして、歩いてホームゲームを観に行きます!



2010/07/22(木)
横田さんと面会

最近のトップニュースは
「横田めぐみさんの両親と金賢姫・元北朝鮮工作員が初めての面会」

思い起こすこと、5年ほど前。
現・原口総務大臣のパーティーに出席した際に
たまたまですが、
横田めぐみさんの父親の滋さんと隣り合わせて
少しですが話をしたことがあります。

テレビではよく見かけていましたが
実際、いきなり隣り合わせますと
何を話していいか・・・。

「北朝鮮を何とかしなければならない」とは
誰もが思っていると思いますが
国家間の問題にはさまれている横田滋さんを前にして
北朝鮮について語るとなると、なかなか言葉がでてきません。

普通に、
「どういう経緯でいらっしゃんたんですか?」
と雑談で過ごしました。


横田さん&現・原口大臣

奥は北朝鮮(2007年撮影)

板門店(2007年撮影)



2010/07/20(火)
本日の夕食です。

「ゆで豚ライス」と
「ゴーヤと竹輪の味噌いため」と
「みそ汁」です。

実家を出てから初めて
料理といふものをしてみむとするなり(紀貫之ふう)
ですが

なかなか包丁さばきも上手くなってきました。

まだまだ自分の中には、
才能が眠っているジャンルが
あるのかもしれません。

と思いたい。





2010/07/18(日)
あらためて世間は狭い!!!

本日、近所の知り合いのオバちゃんの家に行ったところ…。

玄関先に止めてあった車に
青梅FCのステッカーが貼ってありました。

「こんにちは〜」とオバちゃんに挨拶して、
ステッカーについて聞いてみると…。

「今、娘が来ていて、その旦那が青梅FCの選手なのよ!」
と返ってきました!

ふれあいまつりにも参加してくれていまして
(第一回の優勝チーム青梅FC・DIEGO)

「僕がフットサル大会の主催なんですよ〜」
と言ったら驚いていました。

いろんなところで人と人とはつながっていますね。




2010/07/17(土)
サンデル教授に会いたい!!!

「ハーバード白熱教室」という番組をご存じでしょうか?
以下参照
http://www.nhk.or.jp/harvard/index.html

今年の4月くらいに、
初めてハーバード大学の授業が一般公開されまして
その放送がNHK教育テレビでありました。

哲学の講義。サンデル教授です。
学生とのディスカッションをもとに
哲学的な問題を語って紡ぎあっていく授業です。

僕は、この番組にはまりにハマりまして
DVDに録画して、繰り返し見ています。

そんな中
ツイッターのつぶやきをみたところ・・・。

サンデル教授が来日して
公開録画をするそうではないですか!!!

申し込みます!
この一カ月。
徹底的に英語を磨いて
ハーバード学生並みに議論に加わりたいです。

申し込みが当たればですけれどね。


ハーバード大学駅

ハーバード大学正門(2009年9月撮影)



2010/07/16(金)
自治会で鉢植えをやりました。

先月ですが、自治会で鉢植えをしました。

街路樹の脇に小さい花を植える作業です。

普段、街中を歩いていて、気にもしませんでしたが

実際に、自分が雑草を取って、耕して、
花を植えた経験をすると
街の見方が全く違ってきますね。

道を歩いていて、
整備された花壇や垣根などを見かけると
そこに、作業をした人の思いが伝わってくる気がします。
(って、おおげさかな)

考えてみれば、イイ感じの街並みというのは

道路や歩道がキレイだったり、
植物が整備されて、雑草がなかったり
ゴミが散乱していなかったりと

それは、どこかの誰かが、
いい仕事をしているからこそ
成り立っているんですよね。

何事も経験してみるものだと改めて思いました。


河辺北会館に集合

鉢植えの様子

河辺・西友北側の通りの鉢に注目!(一部ですが私が植えました。)



2010/07/15(木)
「世界は変えられるが地球は救えない!?」

最近、テレビCMを見ていて
気になった曲があったので

youtubeで調べてみました。

「世界を♪変えてく♪力は♪僕らにあるよ♪」

というKATの曲です。

以下参照



その流れで、youtubeをサーフしていたら
マツコ・デラックスに行き当たりました。

マツコさんは
「24時間テレビ・愛は地球を救う」
のパーソナリティの候補に上がっていたようですが

「私では地球を救えません」とバッサリ否定!
続けて
「どなたか地球を救った方っていたのかしら、誰一人として救ってないでしょ」
とズドン!!!

参照


確かに、
ビルゲイツのように世界を変えた人は沢山いますが
地球を救った人は、人類史上いませんね。

この2つのyoutubeに偶然出会ったことで

「世界は変えられるが、地球は救えない」

というこの世の中の真理に出くわした気がしました。



2010/07/13(火)
フットサルステージ多摩の見学

先週ですが、フットサルステージ多摩に行ってきました。

僕が、青梅でフットサル大会を開くようになってから
ここの担当者に、いろいろとお世話になっていました。
コートを見学させていただくのは今回が初めて。

ビルのエレベーターに乗ると、ガラス越しには
カイリー・ミノーグの
「Can't Get You Out Of My Head」
のような眺め。未来都市にきた感じです。
http://www.youtube.com/watch?v=Rfr9bhSmfXc


近未来都市のよう。

そして最上階で降りるとありました!!!

いろんな方からウワサに聞いていましたが
非常によくできている施設ですね。

良くできているのは施設だけではなく
Fリーグ所属のペスカドーラ町田と組んでいたり
ソフト面も良くできています。

近いうちに、こことコラボで青梅でも
フットサルで面白いことを仕掛けますよ。
(密かに調整中!?)

こうご期待。なんてね。


最上階でおりると

コートです!



2010/07/12(月)
選挙立会人&パブリックビューイング実現へ基礎づくり!

昨日は、朝6:30から21:00まで
参議院選挙の立会人をしました。

投票箱を間違えそうな人に

「ちょっと待った!」

と注意したり

「比例代表ってどう書くの?」
と質問をしてくる有権者に

「政党名か個人名を書いてください」

と答える仕事です。

あまりの長丁場に、最後は意識が飛びそうになりました。

さて、立会人をしてみて初めて知ったのですが
投票所には必ず、警察官が常駐することになっています。

投票箱が盗まれたりしないようにです。

休憩時間(1時間ほど)に、
担当の警察官(係長)さんと雑談する機会がありまして
話題はサッカーのワールドカップに。

その流れの中で
「青梅でパブリック・ヴューイング」とかどうですかね〜?
と振ってみましたら

「日本が勝ったりしたら、渋谷のように大騒ぎになって、警備が大変だな」
と話されていましたが、満更でもなさそうでした。

次回のブラジル大会で、青梅でパブリックビューイング。
実現に向けて基礎固めです!
(警察に、交通整備をお願いするので)

こういった思わぬ出会いから、
アイデアがわいてきて、お互いに同感して
「この企画やってみようかな!」
という流れができるような気がしました。

いざやるとなったら、
暇もなくなりますけれどね(今も無いけれど)。

いろんなところに飛び込んでいって語ることは、
物事を実現する上で、非常に大切だと思いました。
ただこの機会は、思わぬ巡りあわせでやってくる!




日記トップへ