日記

日記(2007年1月〜4月)

2007/04/28(土)
ごくせん(第3話)!

仲間美由紀さん主演「ごくせん」を観始めました。
はまりますね。

現在、第3話。良かったです。
「引ったくり犯を、クラスの仲間で待ち伏せして捕まえる」という展開。
懐かしいと言った方がいいかな。

高校の頃、実際にみんなでやりました。

僕の通っていた高校では、当時、財布の盗難事件が頻発していました。
完全私服の高校だったので、外部から誰かが入ってきても、分かりづらいことが要因の一つだったのかもしれません。

体育館の構造は、2階が体育館で、1階が更衣室。
授業中は、1階の更衣室が無人状態になるので、
絶好の盗難スポットになっていました。

そこで体育の時間に、順番に交代(二人一組)で、更衣室を見張ることにしました。

バスケットボールの試合形式の授業が行われ、
コートサイドで待機中の者の中から順に、1階の警備に当たりました。

僕の警備の時間帯が過ぎて、Kに交代。
(その時を迎えるまであと10分ほどのことでした)

「特に何事もないのかな」と、2階でバスケ中の、その時。
1階で何か動きがあった気配が・・・!!!
授業はそっちのけで全員、一斉に1階へ駆け込む。

と、そこには

殴られて唇を切っている友人NとT橋とKが、盗難犯を捕まえていたのでした!!!

この3人の武勇伝はまたたく間に、学校中に知れ渡り、まさに英雄伝説となっていました。

すばらしい!!!

と、こんなことを『ごくせん』(第3話)を観て、回顧ました。

ちなみに犯人は学校近くの予備校の浪人生。
金を盗みに我が高校に潜入していたとのこと。



2007/04/23(月)
口は幸いのもと???

『口は災いのもと』とはよくいいますが、
それとは対照的に、
「言っておいてよかったなー」
と思っていることが一つある。

今から2年半くらい前の2004年10月12日。
ヤンキースvsレッドソックス(inヤンキースタジアム)
を観に行ったときのこと。

試合終了後に、周りにいたヤンキース・ファンと一緒に写真を撮ったのですが
その時に
「ダイスケ・マツザカを覚えておいてよ。日本のNo1ピッチャーなんだ。2年後にヤンキースに入団すると思うよ」
と、伝えておきました。

周りにいたヤンキース・ファンと記念写真!

そして月日が経ち、松坂はレッドソックスに入団。
今週末、ヤンキースとヤンキースタジアムで対戦する。

「あのとき隣にいた日本人が、ダイスケ・マツザカのことを言っていたなぁ」

と、あの人たちが思っていてくれたらと想像すると、何故か楽しい気分になる。

まさに『口は幸いのもと???』



2007/04/15(日)
市議選はじまり!!!

本日は、またもや友人の選挙に駆けつけてきました。

羽村市議会議員(現職)の馳平さん(民主党)です。
http://www.hasehira.net/
このホームページは、僕が5年前に作ったもの(タグ打ち!!)であり、かなりオールドタイプです><。
しかし、毎日欠かさず更新している馳平さんの持続力には、
感心の域を超えて、ただただ凄いなーと思っています。

※当選後はリニューアルしましょう。

議員がホームページを持つことは、ある意味「諸刃の剣」。

ホームページを持ったがゆえに、
更新の怠り状況によってはダラシナさが目だってしまうんですよね。
実際のところ、選挙前だけやたらと更新して、当選したらホッタラかし。
こういう議員ばっかりです。

そんな中、約4年間、毎日、自分の意見・活動状況を書き続けた馳平さんは、
タダ者ではありません。
こういう議員が羽村にいること自体、非常に貴重ですねー。

さて、本日ですが、馳平候補と自転車に乗って、
羽村市内を走り回ってきました。
少しはやせたかな。
馳平(はせひら)さん。
自転車で羽村市内を周る。



2007/04/10(火)
プロジェクトXだったらなぁー。

今度の金曜日に、
「金融データを使った将来予測の報告会」があるのですが、
未だに結果が出ていないー。(予測が全く当たっていない)
残りあと3日・・・。

ここでプロジェクトXだったら
「絶体絶命の状態・・・そんな状況の中、オオセマチはヒラメイた」
とナレーションが入るところなのですが、物事はそんなに上手くいきません!!!

うーむ。
SVM(サポートベクターマシン)を試してみるか。
今夜と明日で解析結果を出してみるか。
さて、どうなるかねー。
(物事は意外に上手く行くかも!)

※SVM(サポートベクターマシン)、
「Aという集団とBという集団を最適に切り分ける分離平面」を探す統計手法。
例:「迷惑メールか、普通のメールか」を自動的に振り分けるのに使われているみたいです。
SVMの中の手法・ソフトマージン
計算の簡略化・カーネルトリック



2007/04/04(水)
カラマーゾフ2回目の読破

『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー)2回目の読破を達成。
今回は、超精読して、気にかかった文章をすべて書き出してみました。

それにしても世界には名作と呼ばれる文学が多い。多すぎる!!!

大学に入学したての頃。
青山学院大学・厚木キャンパス図書館の、とある机で
「死ぬまでに世界中の名作を全て読破してやろう」
と決意を固めました。

それ以来、電車の中とか、チョット空いた時間に本を読んでいるのですが、
はたしてこのペースで間に合うのだろうかという感じです(笑)。

次は、トルストイの『アンナ・カレーニナ』2回目にいってみようかな。

『ローマ人の物語』(塩野七生)は、現在26巻の賢帝の時代(パックス・ロマーナ)という平和な時代に差し掛かっていますが、ややペースダウン中。

後世の平和な時代に生きる読者のエゴですが、平和な時代ほど小説として面白みに欠ける時代はないのです。

「ハンニバルのアルプス越え」とか「カエサルのガリア戦記」など、
戦乱の大局的な駆け引きは、読んでいて痛快。

それに比べて、平和な時代の「ハドリアヌスの財政改革とか防衛政策」なんかは、いまいち迫力に欠けるんですよね・・・。



2007/04/01(日)
岩手県花巻市へ、翌日30Kmマラソン。

3/30(金)…朝起きると体が重い! 熱を測ると37.5。
会社を休み、薬を飲んで眠りに入る。
17:00に起きる。熱は微妙だが東京駅へ向かった。
岩手県の朝・電車から(6:00くらい)

20:04の新幹線で盛岡へ。
盛岡で一泊。東北地方に行くのは初。ひぇ〜雪だ。寒い!

3/31(土)、5:34に盛岡駅を発ち、6:16に花巻駅に到着。
岩手県の朝・電車から(6:00くらい)

夜行バスで来る友人と合流。寒いよー。

8:00より選挙活動スタート!!!
花巻市のいたる所で街頭演説をしました。
今まで数々の選挙に関わってきましたが、地方の田舎の選挙は初体験。
いや〜有権者の方々の反応が良すぎますね。かつてない程です。皆さん家から出て来て握手をしに来てくれました。
それに比べて東京や横浜は・・・選挙に無関心な人が多いですねー。
・・・
それにしても岩手は小沢一郎のポスターしか見当たらない!!!
街頭演説中の僕です(笑)!!!

まさに小沢帝国と言われている所以だ。
安部首相のポスターは一枚も見かけませんでした。
それと公明党が全く見当らないのが不思議なところ。

19:00に応援演説を終えて、花巻駅へ。

19:22に花巻駅発。23:00東京駅着。翌0:41地元の駅着。1:30就寝。
4/1(日)…8:00起床。
10:00に東京都青梅市にて
「モントレイル青梅高水山トレイル・ラン」スタート!!!
昨日の疲労が若干あったせいか、昨年より5分ほど遅いタイムでゴール。
何事も乗越えるべきなのは過去の自分ですね。

青梅マラソンに引き続き、ゴール間際において、マイミクtuneさんとバッタリ遭遇。奥様とハイキング中のようでした。奇遇を通り越した奇遇ですねー。
ラストスパートの足を止めて、奥様にあいさついたしました(笑)


翌日のゴールシーン(中央の赤シャツが僕です)

いやいや、この2日間は疲れたな。



2007/03/30(金)
今日の夜から岩手へ

僕の大学の同期が、
岩手県花巻市で県議会議員をしていまして、
いよいよ2期目を目指す選挙の時期になりました。

高橋博之公式サイト
http://www.hiro-t.com/

そこで、当時のサークル・メンバー(中田塾)で
「旅行がてらに、岩手に選挙の応援に行こう!!!」
となりまして、本日(3/30)の夜から、岩手県花巻市に
向かうことになりました。

3/31の夜に、東京に戻って
翌朝(4/1)、「地元の山(30km)を駆け登るマラソン大会」に出走という、
個人的にはややハードなスケジュールだが、まぁなんとかなるっしょ。




2007/03/19(月)
青梅FC総会で語ったこと。

青梅FC総会で語ったことの一つは
専用のスタジアムを青梅市に造ることです!!!

僕の構想は以下のとおり!

河辺駅北口も着々と工事が進んでいますね。
ということで、サッカー場の建設地が決定しました。(僕の中で(笑))
私の母校・霞台中学校をサッカー場に改築します。
名づけて「霞台スタジアム!!!」
青梅FCのホームスタジアムにします。

アルゼンチン・リバープレートのように
スタジアムと学校が融合した複合施設にします。

・日本初の複合施設(スタジアム+学校)で、各マスコミに取り上げられ、青梅の知名度上昇は間違いなし!!
・霞台中学校の体育の授業はサッカー(青梅FCの選手の指導)。
・サッカーの選抜クラスも用意。
・霞台中学校の卒業生(+その家族)は、青梅FCのサポーターになるしかないでしょう!!!

ex)
土曜日に、渡辺美里スーパーライブin霞台スタジアム
日曜日は、「青梅FC vs 浦和レッズ」で青梅FCがレッズを撃破!!!

なんて展開になったら、大盛り上がり間違いなし。
土曜日・日曜日の河辺駅前は人で溢れかえり、東急、西友、その他の店々は大繁盛。
今の河辺駅北口開発は決して無駄にはなりません!!!
サッカー場建設予定地(スタジアムと学校が融合した複合施設)
現在の霞台中学校
改築後のイメージ(原案はフラムFC)。青梅FCのホーム「霞台スタジアム」




2007/03/18(日)
人と人とが繋がっていく感覚!?

本日は、11時に青梅を発って、14:20に千葉県稲毛駅へ。

4年前に青梅で一緒に勉強会をしていた友人が
今度の統一地方選挙(in千葉市)に立候補するので、
その決起大会に参加してきました。

4年前の勉強会メンバーには、当時は会社員。
現在は、千葉一区の代議士(民主)である田嶋要さんがいました。
http://www.k-tajima.net/
田嶋さんとは久々の再会!! 山本直史さん。ガンバレー!
(隣は奥さん(久しぶり!))
今回立候補する山本直史さんは、青梅で田嶋さんと出会い、勢いそのまま千葉へ引っ越し。田嶋秘書として活躍。
そして今回、市議会に挑戦!!!という経緯です。
http://www.naofumi.biz/

田嶋さん&山本さんとは、あれやこれやとずっと仲良くしていたので、もう今回も手伝いに行くしかないでしょう!!!
時間があるかぎり手伝いに行きまっせ。

そして山本さんの挨拶が済んだら、
そっと抜け出して一目散に、稲毛駅へ。

14:14の電車に乗って、
西村京太郎のトラベルミステリーの十津川警部も真っ青の
ギリギリの乗換えで、15:58に青梅の河辺駅に到着。
下車するやいなや猛ダッシュで総合体育館へ到着。

ふぅー。ジャスト16時。
青梅FCサポーターズクラブの総会に間に合いました!!!
16:00〜17:00までが会計報告や年間計画のお知らせ。
17:00以降は、青梅FCの選手やスタッフの皆さんたちと懇親会でした。

所変わって、青梅FCの総会。
所変わって、青梅FCの総会。
熱く語りすぎた(笑)!

熱く語りすぎた(笑)!

いやいやサッカーについては語りに語ってしまいましたねー。
あっという間に、22:00になっていました。

詳細は後日書きます!

自分の感覚でしか、世の中を眺めることはできないから
当然といえば当然なのだけれども、
「一回一回の出会いを大切にしていくと、自分を中心として、たくさんの人と人とが繋がっていく感じがする」んですよねー。
まさにmixiなんて、その際たるモノなのかも知れません^^。



2007/03/15(木)
古文書をもらいました。


吉野梅郷を一通り散策した後、

近くにある「青梅きもの博物館」に行きました。
青梅きもの博物館

しかし、閉館時間を15分ほど過ぎており、 片付けに入っているところでした。

うーむ。また後日来るのは、おっくうだなぁ。ということで
「ワシは九州から来ていて、明日、帰郷せぬばならんのですたい!!!」
とお願いしまして、無理やり中に入れてもらいました(笑)。

中に入ったらこっちのもの。
ゆっくりと「きもの」を鑑賞させていただきまっせ。
と思っていたら、
そうはさせじと館長さんが付いてきまして、
マシンガントークを聞きながら展示品を鑑賞する
という流れになっていました(笑)。

それにしても、この館長さんはタダ者ではない。
「青梅きもの博物館」にある展示物は、
すべて館長さんの所蔵品。
それらの代物には度肝を抜かれました。

「この着物は、美智子皇后が着ていらして・・・」
「この文房具は皇太子さまが子どもの頃に使っていて・・・」
「(写真を指して)天皇陛下と皇后さまがいて、皇太子さまと雅子さまがいて、隣でスピーチしてるのが私だよ!!!」
などなど、皇室関係のお宝モノ?が超満載だったのでした。

その他、「鈴木貫太郎」、「吉田茂」、「鳩山一郎」、「田中角栄」、「宇野宗佑」など、歴代総理の自記筆の手紙があったり、
「武者小路実篤」の原稿や「島崎藤村」の自記筆の書なども展示してありました。
「ケ小平」と一緒に写っている写真もあったかな。
いやいや何者なのだ?

次から次へと解説が続く中で、時折
(館長)「この皇室の方は、どこに嫁がれたのだったかなー」などとつまることがありました。
そこですかさず僕は、
(私)「二条家から○○に嫁いだんですよ」(皇室関係はくわしいです)
とキリ返したり、
総理の話になったら、
あの総理は○○でしたよね(『大宰相』(さいとうたかを)の受け売りですが(笑))と、
コメントを入れたり、
「武者小路実篤」といったら『友情』でしょ(読書量は半端でない(笑)!)。
と知ったかぶりをしていました。

そして、自然と知のバトルが繰り広げられ、
協調の和が生まれていました(笑)。

最後には「家に寄っていけ!!!」ということになり、
ご自宅に寄らせていただくことになりました。

自宅の方にも、「勝海舟」や「西郷隆盛」らの自記筆の書があったり、
日本画の春画があったり、陶磁器があったり、棟方志功の絵があったりとお宝満載。

そして、「お土産に、これを持っていきなさい!!!」と、
古文書をもらいました。
誰か解読してください。

古文書をもらいました。
誰か解読してください。

古文書をもらいました。

人生で初めて古文書をもらいました。なんとも不思議な体験(笑)。

「また来なさい!!!」と入場券を数枚もらったので、また近々行ってみよっと。
古文書の解読結果を披露しようかな。



2007/03/11(日)
「白紙で提出人種」3人目に遭遇!!!

日曜日は、
「青梅市の吉野梅郷に行って、梅をゆっくりと鑑賞するのみ」
というプランで一日を過ごそうと思っていましたが、
運命は、そう簡単にはさせてくれませんでした。

青梅駅で下車したところで、
赤塚不二夫記念館(左)in青梅市

「そういえば天才バカボンの赤塚不二夫記念館に行ったことがないな」
と気が付き、梅の前にちょっと寄り道。

フムフム、明日の売れっ子を目指すトキワ荘の熱気が、グッと伝わってくる展示でした。いやー良いもの見せてくれました。
と感慨に浸りながら、いざ吉野梅郷へ向かって歩こうとすると、
裏道の方に、どこかで見たことのある顔が・・・!!!

気になったので近づいていくと・・・。
「青梅市長(左)」と
「北原照久さん(右)」
に引き連れられる。

「青梅市長」と「何でも鑑定団で有名な北原照久さん」
が立ち話をしていました!!!
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/
何でも鑑定団HP

そして何故か、僕もその話の中に入ることになりました(笑)。

「これから講演会があるから、来なさい!!!」ということになりまして、

「青梅市長」と「北原照久さん」に引き連れられることになりました。
うーん。ありえない展開だ!!!

そして、北原さんの講演が始まりました。
やはりテレビに出ている人は話が上手い!!!面白い!!!

その中で、
講演の様子in住吉神社

「ブルータス、おまえもか byカエサル」
みたいな感じで
「北原さん、あなたもですか」
ということがありました。

北原さん、義務教育時代、テストはすべて白紙だったそうです!!!
僕の知る範囲では「白紙で提出人種」は3人目・・・!!!

しかし、この日の出来事は、これだけでは終らない!!!
(続きはまた明日!!!)



2007/03/06(火)
ホセ・メンドゥーサ来日?

どうでもいいことなのですが、昨年のこと。
取引先へ向かうため、東京駅で下車すると
駅内放送が流れていました。

「安藤忠雄さま〜。安藤忠雄さま〜。安藤○○さんが、新幹線の○番ホームでお待ちです」

おおっー!!!あの建築家の安藤さんが呼び出されている!!!
携帯電話持ってないのかなー(笑)

ってことがありました。

そして、それから約半年後の本日。
またもや思いあたる名前が呼び出されていました。

今日の朝10時くらいの新宿駅です。

「ホセ・メンドゥーサさま。ホセ・メンドゥーサさま。お友達が○○の改札口でお待ちです」

ええー!!!あのホセ・メンドゥーサが新宿にいるのか!!!

ってこの時、駅にいた「あしたのジョー」の愛読者は
みんな思ったんじゃないかなー(笑)



2007/03/05(月)
真実はどこに?

一昨日の土曜日は、
ゼミの先生の名誉教授就任を記念したイベントがありました。
第1期生(40才前半)から20期生(現役生)までが大学に集まり、
先生の授業を受けることに!!!
久々に学生気分に戻りましたねー。
かつ、年代を超えて授業を受けるのもいい企画でした!!!

さてさて当日の講義のテーマは「不具合な真実」。

先日、「不都合な真実」という地球温暖化の映画が
ドキュメンタリー賞を取りましたよね。
一瞬だけ大統領になったゴアさんのプレゼンの映画です。

一昨日の講義は、この映画に対する反論を展開した講義でした。
「地球温暖化の信憑性」や「データの審議性」について理路整然と解説されていました(先生は環境経済学が専門です)。

話によると
○「不都合な真実」で使用されたデータは、IPCCという団体の報告書に基づいており、そこの研究者の改ざんが発覚しているとのこと。確かに1900年以降の気温は上昇の一途をたどっているが、1400年〜1500年の気温ほうが今よりも高いという。
IPCCのページ http://www.gispri.or.jp/kankyo/ipcc/
また
○CO2の絶対量は増加しているが、アラスカなどの植物の成長が著しくなりCO2の消費も増えているとのこと。
そして
○なぜ今になって地球温暖化を政治の第一の課題にするのかも疑問。
南北格差・貧困問題など、今すぐにでも解決すべきことは山ほどある。
それを100年後の地球の為にということで、
何百億ドルもの予算をつぎ込むのはおかしい!!!(産業界の策略か?)
等々のことを話されていました。

・・・

という経緯があったので昨日、
早速、府中の映画館に足を運んで「不都合な真実」を観てみました。

まず率直な感想としては、ゴアさんのプレゼンが抜群に上手い!!!

@「アメリカンジョークを交えたトーク」
A「ビジュアル的にスッと頭の中に入ってしまうデータの見せ方」
B「南極の巨大な氷がバーンと解けて崩壊していく様子」や「砂漠化が進んでいる映像」が間髪入れずにスクリーンに映し出される。
C「環境問題に関心を持つまでのゴアさん本人の個人的な体験」の紹介
Dアニメを取り入れた解説
などなど、プレゼンテーションに全く無駄がないのだ。

次から次へとテンポ良く情報が映し出されるので、内容を吟味する間もなく、ただただ情報を受け入れていくしかなくなってしまう。

まさに説得力抜群でした。
昨日の講義の影響により、一つ一つを懐疑的に観ていたのですが、
その瞬間・瞬間では微分的に、説得されてしまいましたね。

いやいや映画館を出た直後に、
「ブッシュの共和党か、ゴアのいる民主党のどちらかに投票せよ!!!」
なんて企画があったら、
思わずゴアのいる民主党に投票してしまいそうな感じになっていました。

「事実かもしれない現象は、その真偽に関わらず、説得力のある説明によって、事実と化していくのであろうか?」

まだ地球温暖化問題については、
考えがまとまっていないので(話が大きすぎる!!!)、
後日書きたいと思います。



2007/03/01(木)
テストを白紙で提出

先日、カンブリア宮殿(テレビ東京)という番組に
「ゴルゴ13」の作者・さいとうたかを先生が出演されていました。

その中で、さいとう先生は、
「掛け算の九九がよくわからない」と仰っていました。
その理由は、
小学校1年の時に、黒板に書かれた「1+1=2」に納得できず、
(「1+1=2」になるわけがない!!!・・・と)
義務教育の9年間、テストは”全て白紙”で提出したからだそうです。

そして中学3年のある日、担任の先生に次のように言われました。
「白紙で提出するのは、君の自由なので仕方ないが、その責任を明確にするために名前を書きなさい」
その時に、「なるほどなー」と自由と責任について学んだといいます。
そして、その先生の名前が「東郷先生」ということで、
後の「デューク東郷 = ゴルゴ13」に繋がっていくわけですね。

話は変わりまして、
僕の叔父の小学校・中学校の同級生の中にも、
義務教育の9年間、テストは全て白紙で提出した人がいたそうです。
現在、その人はどうしているかというと、
家中にレーダーやアンテナを装着していて、
宇宙基地のような住まいだという。
そしてその基地で暮らしていると、
数年に一度、
夢の中で「宝くじを買えっ!!!」というお告げがあるのだそうです。
そして、な!な!なんと!実際に、1億円が2回も当たっており、
その資金で暮らしているそうな。

「僕の名前を言えば、わかると思うから、その人の家に行ってみなよ」
と、叔父に言われているので、
近々、宝くじの当たる宇宙基地に行ってみようと思います。
現場ルポを期待していてください!!!

それにしても「テストを白紙で提出する」という振る舞い。
僕も一回くらいはやってみてもよかったなーと、
今になってやや後悔・・・(笑)



2007/02/27(火)
軍事力増強へ

「計算+シミュレーション」をしてほしいということで
以下のような仕事が飛び込んできています。

条件が複雑なので、簡単に要約すると以下の通り。
-----
ある地点から、ある動体に対して電波を飛ばし、
その電波が動体に当たって元の位置に戻ってくる現象を分析。
電波の動きを観察して
「ある動体がn秒後にどの位置に存在するか」
を計算する仕事。
-----
現在、観測データを某企業から受け取り、日々計算しています。
「動体のn秒後の位置を特定する計算式」を作るわけなんですね。

さてこの式を何に使うのだろう?
と社内で話題になっているのですが、
おそらく軍事関係だと思います。

@某国から、ミサイル(=ある動体)が発射される。
A日本国内のレーダーから電波を飛ばす。
Bその電波がミサイルに反射して元の位置に戻ってくる。
C電波を解析して、ミサイルがn秒後にどの位置に存在するかを瞬時に計算。
Dそして「n秒後のミサイルの位置」に向かって、迎撃ミサイルを発射!!!

という具合に。

今のところ仕上がっている計算式の精度では、
100万分の1の確率で間違うことがありますので
万が一にも迎撃できなかったらゴメンなさい・・・!?

それにしても、
純粋に数学が面白くて、計算式を作るのだけれども、
その出来・不出来の結果が、巡りめぐって最終的には
頭上にミサイルが落ちてくるかもしれない・・・。

と、このように想像すると
目の前の仕事をキッチリ仕上げることが、
自分を守ることに繋がるし(※給料を貰えるという意味でも)
それと同時に、
目の前の仕事をキッチリ仕上げることで、
軍事力が増強していくという。
なんとも言えない気分になるなー。



2007/02/25(日)
5%の域へ

現在の職業柄、「統計学を一通り復習しておけいっ!」
と、上司から命令を受けたので、
この数日間はベクトルや行列を交えてバリバリと勉強しています。
ここにきて一段とレベルアップ。

さて統計学の基本中の基本といえば、正規分布。
「正規分布:F(Z)=1/sqrt(2π)・exp(−Z^2/2)」
統計学的には、世の中の確率的な事象は全て上の式で説明がつきます。

身近な例で簡単に言いますと、

衆議院選挙がありました。
某投票所の出口で、誰に投票したかを100人に聞きます。
その100人の傾向を基にして
全体の投票結果を95%の確率で推定できます!

だから開票直後に「当確!」って出せるんですねー。
F(Z)=1/sqrt(2π)・exp(−Z^2/2)の式を使って!
注)ただし5%の確率で間違う可能性あり!!!

これは世の中の事象の全てに当てはまるわけで、
データをキッチリと採取できるのならば、
人間のいかなる行動も、
統計的に95%の確率で計算できてしまうんですねー。
いやいや世の中は数字に支配されています。

と言いつつ、僕自身の行動は
F(Z)=1/sqrt(2π)・exp(−Z^2/2)
では計算できない5%の域にいたいなー
と思っています。が・・・。



2007/02/18(日)
ニュースを見る視点が変わる。

初めて海外旅行に行ったのは2004年10月。
それ以来、夏休みやゴールデンウィーク、土日を挟んだ連休があったら、なるべく海外に行くように心がけています。

海外未経験の頃の自分と、今の自分を比較して一番変わったのは

「ニュースを見る視点が変わったこと。」

いや、視点が変わったというより、

「海外のニュースをストン!!!と腑に落として聞く事ができるようになった。」

と言った方がいいかな。

例えば、
「ニューヨークのウォール街で○○がありました」
というニュースを聞いたときに、
ウォール街を歩いて周った記憶が僕の中に蘇ってきて
情報がスッと入ってくる気がするんですよね。

そんな感じで、パリやロンドン、北京、香港、マカオ、マドリード、バルセロナ、ソウルに関する情報にも、敏感になっています。

こういういう感覚をもっと身に付けたいと思っていて、
まだまだいろんな国に行ってみたい。

現在「ローマ人の物語」(塩野七生)に感化されているので、次はイタリアかな〜。
その他の候補は、エジプト、メキシコ、ブラジル、ドイツ。



2007/02/16(金)
お前のやっていることは全てお見通しだ!!!

今年、僕の中に沸き起こったブームは
第一弾が、「冬のソナタ」
第二弾が、「ローマ人の物語」(塩野七生)、現在17巻を読書中
そして
第三弾が、「TRICK」(仲間由紀恵さん主演)でした。

この数日間、睡眠へと至る境界の限界まで起きて鑑賞しています。

その中で一番スキッとするのは、事件の全容が見えてきて
仲間由紀恵さんが、犯人を指差して

「お前のやっていることは全てお見通しだ!!!」

という場面ですよね。
そして明快にトリックを暴いていく(たまにスベるけど)。

言い方を変えるならば、
プレゼンテーションの上手さに、心惹かれてしまうんですよね。

刑事コロンボとか、名探偵コナンとか、金田一少年とか、古畑任三郎とかも、犯人を特定する際のプレゼンの上手さは抜群です。

相当考えて、頭の中でシミュレーションしているんだろうな。
「犯人の反応がこうだったら、次はこう話す」みたいにね。

そして話を、僕の現実の世界に戻しますと、
昨年末に引き続き、今年の3月末に
世界の大富豪向けのプレゼンが待っているので、
その際には

「世界の大富豪のニーズは全てお見通しだ!!!」

と、小声で自分に言い聞かせてから、プレゼンを始めようと思います(笑)。(もちろん用意周到で!)



2007/02/13(火)
株と芸術。

先日のカンブリア宮殿で、現代アートの村上隆氏が
「芸術は株みたいなものだ」と言っていました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

フムフム確かにそのとおりだ。

株式市場には2つのタイプの投資家がいます。
十分な株式の知識は大前提として、
まず一つ目は、

@銘柄はどれでもいいので、とにかく利益を求める投資家。他の投資家を出し抜いて、儲かりそうな投資先を見つけ、利益をあげます。

それに対して、もう一つは、

A世の中のためになる企業の育成を目的とした投資家。公共の利益のために、お金を出資します。

それと同じような感じで、芸術家も2つのタイプに分かれると思います。
創作技術は大前提として、
まず一つ目は、

@誰もやっていない分野の作品を作り、作品をパトロンに高く売る芸術家。同時代で評価得ることが目的のようです。

それに対して、もう一つは

A自分の好きな分野を徹底的に追及し、普遍的な価値を創出する芸術家。他人の評価を全く気にしません。

明らかに村上隆氏は、@に当てはまりますね。
※番組内で、村上龍さんが「オタク文化が好きで、作品を作っているのですか?」と質問していたが、回答からして心から好きでないのは明白。&村上隆氏の発言「芸術家は他にも沢山いて、サッカーで言うならそいつらを抜いて、豪快にシュートを決めたい」より推測。

それゆえ、世間で反感を買っているのでしょう。

いつの日か、秋葉原あたりから、オタク文化大好き人間が出現し、絵を描いてみたら群を抜く独創性を放っていた。ビジネスうんぬんのレベルを遥かに超えて、世界的な評価を得てしまう。
そんな芸術家が登場することを期待!!!

@とAとが出揃って、芸術家市場も楽しくなること間違いなし。



2007/02/09(金)
森高千里に注目。

昨日は、コタツで寝てしまいました。
深夜にハッと目を覚ますとテレビがつけっぱなし。
寝ぼけながらも画面に注目すると、ブラウン管の中で
「松浦亜矢のモノマネで有名な前田健さん」が、
ダンスの振り付けの解説&レッスンをしていました。

思い起こすこと昨年の友人の結婚式(in銀座のモントレホテル)。
各方々のあいさつが終わり、
余興がイイ感じで始まりました。
新婦側の友人2人によるフラメンコです。
「フラメンコいいねぇ〜」
とくつろぎながら料理を食していると・・・
ダンサーの一人が僕の所に近寄ってきました。
そして、いきなり僕の手を引いてきて
「一緒に踊ってください!!!」
と、僕は一瞬の内に約80名の視線が注目するところへ…!

事前の打合せは全くなし!!! 聞いてないよー。
だからといって、
この場に及んで「踊れません…」と引き返すわけにもいかず・・・

ということで、中学校の頃によく練習した
マイケル・ジャクソンのBILLIE JEANを
フラメンコに合わせて披露したのでした。
いやー、緊張しました(笑)

ということがあったので、
まさかの時のために
ダンスの振り付けをあと3パターンくらいは
身に付けておこうかなと
偶然目にした、
「前田健さんの振り付けの解説&レッスン」
を観て思ったのでした。

森高千里「私がオバさんになっても」
(※男性が踊ると違った雰囲気になる)

の振り付けがなかなかよかったので練習しようかな。
まずは、本家の森高千里を本格的に見たことがないので
DVDをチェックしてみよう。



2007/02/05(月)
一言を見逃すな!!!

最近、耐震強度偽装問題で話題になっている社長と
あるパーティで会ったことがあります。

交換した名刺を見てみたところ、
裏面に2003年○月○月とメモしてありました。
今から4年くらい前ですね。

で、その時に「その会社の内部に詳しい人」と話が合って、
いろいろ話をした記憶があります。で、その中で
「設計がちょっとあやしい・・・」
ってことをポロッと仰っていたんですよね。

うーん。ここにきて表に出てきたか。
たった一言の情報だったけれども、大きいね。



2007/02/04(日)
青梅マラソン完走!!!

本日は、青梅マラソンでした。
今回で3回目の出場。

○○のおばさんが市民会館の近くにいて、
障害者ボランティアで一緒の○○さんが日向和田駅にいて、
安全協会の○○くんが二俣尾にいて、
「ゆずの里」には親戚のおじいちゃんがいて、
青梅の商店街には、友人が応援に来ていて、
ゴール間際には、親戚のおばちゃんがいて、
・・・
などなど

前日に、知人のいる場所の情報が
僕のところに寄せられていたので、
沿道をチェックしながらの走りでした。

それに思わぬ場所に友人がいたりして!!!

まさに僕にとってはホーム&アウェイ方式でいうところの
超ホームであった大会なのでした。



2007/01/21(日)
我孫子市議会議員補欠選挙・飯塚まこと当選!!!

宮崎知事選のニュースがテレビ・マスコミを賑わせていますが、
昨日は、我孫子市議会議員補欠選挙も行われていました!!!

飯塚さんは、僕の地元(青梅・東京25区)で代議士秘書をしていまして、その時に家族・親戚、友人一同、非常に仲良くなっていました。

そんな感じで、昨年9月から選挙活動を始めまして、ホームページを作ったり、政策のビラを作ったり、駅前でビラを配ったりと、スペインと韓国旅行以外の土曜日・日曜日の暇な日は、青梅から3時間くらいかけて我孫子に通っていました。
そして、昨夜みごとにトップ当選!!!
今後の活躍に期待してます!!!

僕が作成した「飯塚まことホームページ」
http://www.m-iizuka.info/


自転車で我孫子市内を周りました。(2007/1/20撮影)


昨年、千葉7区で補欠選挙の激戦を制した「太田かずみ」代議士も合流、我孫子を周りました。(2007/1/20撮影)


23時、トップ当選が確定!!!(2007/1/21撮影)



2007/01/17(水)
「くるみ割り人形」を鑑賞してきました。

昨日は、上野の東京文化会館で、
谷桃子バレエ団新春公演「くるみ割り人形」を鑑賞してきました。
友達の友達の友達が本日の公演の主役ということで、
巡り巡ってチケットが僕のところに届いたからです!


開演直前の様子。

「くるみ割り人形」といえば、
@ファミコンのソフト「デビルワールド」(懐かし!)のスタート曲であったり、
A「YAWARA!」(浦沢直樹)でお馴染みの伊東富士子さんの内股(くるみ割り人形)であったり、
Bフィギアスケート浅田真央ちゃんのくるみ割り人形のジャンプであったりと
よく耳にはしていたのですが、本家のバレエ鑑賞は初!!!

僕が卒業した青梅市立若草小学校では6年生は全員、
「『伸びる若草』というタイトルの組体操」を運動会の時に発表するのが恒例でした。
僕が小学校2年の時でした、
均整の取れた動きと難易度の高い技を見たときに「凄いなー!」と思った記憶があります。
子どもながら素直に感動したというか。

そんな思いを呼び起こされるかのように、
「くるみ割り人形」のバレエ公演に感銘を受けたのでした。


幕間の休憩時間。


2007/01/16(火)
憲法改正について

最近、憲法改正論議が盛んになっていますが、
根本のところ日本に必要なのは、
新憲法の制定ではないかと思います。
戦勝国の草案が原案の日本国憲法では、
いつになっても日本は本当の意味で自主性のある国にはなりえません。
日本人が考えた憲法を制定するべきであるし、
その土壌は整いつつあると思います。

公布する憲法名は「大日本国憲法」。
タイミングとしては、戦後100年の2045年あたりがいいのではないでしょうか。

2040年くらいから日本国内では新憲法制定に際して、
「日本の有るべき姿はこうだ!」
「いや違う!」
などなど、物凄い議論が巻き起こると思います。
こういうプロセスを経ることで
「国家とは何か?」
「世界をよりよくするための憲法って何だろ?」
「国の枠組みってこうやって決められるのね」
ということを日本国民一人一人が考え直すことになります。

日本史用語集を作るのなら以下のようになります。

@「大日本帝国憲法」は、1889年(明治22年)2月11日に公布、1890年(明治23年)11月29日に施行され、日本は近代国家への道を歩むことになった。

A「日本国憲法」は、第二次世界大戦における大日本帝国の敗戦後に、大日本帝国憲法を改正して1946年(昭和21年)11月3日に公布され、1947年(昭和22年)5月3日に施行された。ただし憲法の草案はGHQ草案(マッカーサー草案)が元であり、白洲次郎をはじめ当時、憲法作成に関わった日本人は、独立を回復した後に、新たな憲法が作成されることを切望していた。

B「大日本国憲法」は、第二次大戦の戦勝国の影響を受けた日本国憲法を改正して2046年(平成??年)3月2日に公布、2047年(平成??年)5月29日に施行された。日本国は、日本人による日本人のための憲法を制定し、国際社会の中で独自の道を歩んでいく。



2007/01/08(月)
板門店に行ってきました。

中学・高校(大学受験時のみ)と社会科は無敵の強さを誇っていましたが、
当時は教科書の暗記とTV映像からの情報に過ぎませんでした。
(中でも38度線の板門店は基本中の基本です!)

こうして今、大人になり、お金を使う自由を得て、
行動して、現地に行ってみると、
「自分の頭の中に溜め込んでいた知識」が「現実」と直面して科学反応を起こす感じがしますね。
知識が本当に自分のモノになったというか…。


板門店、24時間の警備体制。緊張感が漂う。


板門店近くに北朝鮮の巨大な旗。高さ160m。
旗の下には北朝鮮のゴーストタウンがある。板門店が設置されると同時に、北朝鮮の繁栄ぶりを韓国に示すために"街"を建設したのだが、現在は経済難のため誰も住んでいないということ。


「帰らざる橋」捕虜の交換が行われる場所
映画でいうなら
・「JSA」の舞台
・「007ダイ・アナザー・ディ」では、
ジェームス・ボンドとザオの捕虜交換が行われた場所です。



2007/01/07(日)
「冬ソナ」のロケ地へ行く!

年末年始にかけて猛烈な勢いで観た
「冬ソナ」の余韻を増大させるため、
(ソウルにある)ロケ地に行ってきました。
次回、韓国に来るときは、並木道に行くことにします。


チュンサン(ヨン様)とユジン(チェジウ)が出会った高校

※写真には写っていませんが、正門の前は「冬ソナ・グッズ」の売り場と化していて、呼び込みのオバちゃんがうるさく、「冬ソナ」の余韻に浸るどころではありませんでした…(笑)


ユジンの家


「冬ソナ」の余韻に浸る(笑)
※ドラマのロケ地ではありません。
場所は伊藤博文を暗殺した安重根記念館の横。
まわりに誰もいなかったので撮影しました。



2007/01/05(金)
明日の朝、ソウルへ!

いよいよ明日の朝、韓国ソウルへ出発!

「冬ソナ」の余韻に浸りつつ、ソウルの街を歩いてきます!



2007/01/03(水)
「冬ソナ」を見終わる。

「冬ソナ」を見終わってしまいました。

車に轢かれてでもヨン様を一目見てみたいと思う気持ちが分かりました!!!


写真:事故のあったホテル・ニューオータニの現場
(当時話題になっていたので中華レストランから撮っておいた写真)


さて「冬ソナ」の次は
「ローマ人の物語」(塩野七生)に取り掛かっています。
これも一気に読んでしまおう!!!
現在、第二章に入り"共和制ローマ"になったところです。



2007/01/02(火)
「冬ソナ」night(Ha〜Ha〜)。

(矢沢栄吉:"とまらないHaHa"風に!)

ノってくれ(Ha〜Ha〜)
「冬ソナ」night(Ha〜Ha〜)

ということで、昨日・今日にかけて
「冬ソナ」を8時間連続鑑賞を達成したところです。
(まさに8耐)

「007は2度死ぬ」みたいな感じで、
「ヨン様は2度死ぬ」のところまで来ました。

あと7話。
もう少し!がんばろう!



2007/01/01(月)
今年のオープニングは「冬ソナ」で始まり!!!

去年もいろいろなブームが僕の中を
ワーっと駆け抜けていきましたが、
今年のオープニング・ブームは「冬のソナタ」で始まりです!!!

1月6日(土)からソウルに行くので、
予習をかねて「冬のソナタ」を借りてきたところ・・・。

これは・・・ハマル・・・!!!

24時間耐久「冬ソナ」

みたいな猛烈な勢いで現在、鑑賞しています。

そんな中、休憩がてらに「JSA」を見てみました。
板門店を挟んだ南北の緊張状態を描いた作品。

チュンサンとユジンの物語が展開する一方で
38度線を挟んだ休戦状態の韓国を念頭に置きながら
「冬ソナ」を引き続き見たいと思います。




日記トップへ